shortcutmenu


 >栄進化学TOP > 検査方法簡単診断 > 超音波探傷法もしくはボンドテスト

検査方法簡易診断

目的に合った検査方法は?


目的に合った検査方法は、UT もしくはボンドテストを用いる方法です。

UT

 

検査物の内部に超音波を通し、きず部からの反射波の有無と位置から検出する方法です。

 

ボンドテスト

叩いた音で判断をしていた打音検査を機械化しました。

探傷方法の選択等のご相談受け賜ります。こちらからどうぞ。