HOME > 製品紹介 > 探傷装置 > 磁粉探傷装置

磁粉探傷装置

磁化処理装置に磁化電源を組み込み一体化した装置

磁粉探傷装置とは、磁化電極、磁化コイル、磁粉液タンク、磁粉散布機構および作業台などを備えた磁化処理装置に磁化電源を組み込み一体化した装置です。
この装置には、小型の教育用から航空機用(AMS規格適合)まで種々のものがあります。

SA型磁粉探傷装置(検査暗室一体型)

本装置は水平型装置のなかで、もっとも普及している標準型装置です。

横にスクロールしてご覧いただけます。

仕様 SA-30H型 SA-40H型 SA-50H型
入力電源 AC-200V 50/60Hz
約100A
AC-200V 50/60Hz
約150A
AC-200V 50/60Hz
約200A
磁化電流値(定格) DC(波高値) 3000A 4000A 5000A
AC(波高値) 2000A 3000A 3500A
整流方式 サイリスター位相制御による単相半波整流
通電時間 0-3秒(標準設定)及びフリータイム付
通電サイクル(定格電流時) 1秒通電20秒休止連続運転可能
コイル径 なし(補助コイル100φ付) 200φ 6T 300φ 6T
脱磁方式 DC 自動転極脱磁、瞬時復帰内臓
AC 自動減衰脱磁、瞬時復帰内臓
電極間最大幅 0-500mm 0-700mm 0-1000mm
寸法 W1200×H850×D700 W1400×H850×D800 W1800×H850×D800

標準付属品

  • テストバー(銅棒25φ×400mm)
  • 補助コイル100mmφ(SA-30Hのみ)
  • 足踏スイッチ
  • 蛍光灯(20W)、換気扇一式
  • AC100Vコンセント

オプション品

  • 暗幕
  • ブラックライト

教育用磁粉探傷装置

本装置は教育用あるいは磁化テストを目的に製作しております。

仕様 A-20H型
入力電源内容 AC-100V 50/60Hz 約30A
磁化電流値(定格) DC(波高値) 2000A
AC(波高値) 1500A
整流方式 スライダックによる単相半波整流
通電時間 0-3秒(標準設定)及びフリータイム付
通電サイクル(定格電流時) 1秒通電60秒休止連続運転可能
磁粉液散布 オイラー

横にスクロールしてご覧いただけます。

 

付属品

  • 補助コイル
  • テストバー
  • 足踏スイッチ

多方向磁化式磁粉探傷装置(ディオべック磁化式)

▲ET-30型

検査物の長手方向、円周方向の欠陥を一回の磁化操作で同時に検出できます。磁化電源は検査物に合わせて設計・製作します。
画像のET-30型は、検査物をコンベアで搬送、磁化位置へ搬入、ディオべック磁化、はね出し、検査後コンベア脱磁までの自動装置です。

浸漬式磁粉探傷装置

▲DHT-30型

磁粉液の適用を浸漬式にした装置です。装置として電極圧着式のDHS型とクランプ型の2つの機種があります。
いずれの場合もご希望の仕様に合わせて設計・製作します。

TDF型磁粉探傷装置

航空機など精密部品の欠陥検出を対象としておりAMS規格に準拠した装置です。

横にスクロールしてご覧いただけます。

仕様 TDF-26H型 TDF-54H型 TDF-96H型 TDF-144H型
入力電源  3φAC-200V 50/60Hz
約160A
3φAC-200V 50/60Hz
約400A
3φAC-200V 50/60Hz
約500A
3φAC-200V 50/60Hz
約500A
磁化電流値(定格) DC(波高値) 2000A 5000A 6000A 8000A
AC(波高値) 1500A 3000A 4000A 4000A
整流方式 サイリスター位相制御による3相全波整流
通電時間 0-3秒(標準設定)及びフリータイム付
通電サイクル(定格電流時) 0.5秒通電20秒休止連続運転可能
コイル径  φ300 6T
脱磁方式 DC 自動転極脱磁、瞬時復帰内臓
AC 自動減衰脱磁、瞬時復帰内臓
電極間最大幅  0-660mm 0-1370mm 0-2440mm 0-3660mm
寸法 W2000×H900×D800 W2000×H900×D800 W3400×H900×D800 W3400×H900×D1000

標準付属品

  • テストバー(銅棒25φ×400mm)1本
  • 足踏スイッチ(1台)
  • AC100Vコンセント

オプション品

  • 暗幕
  • ブラックライト
  • 暗室(蛍光灯20W、換気扇)

Contact

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

03-3573-4235

WEBからのお問い合わせ

メールフォームへ