shortcutmenu


 >栄進化学TOP > 超音波探傷法(UT) > 超音波探傷の特徴と原理

特徴と原理


超音波センサー(探触子)から発信した超音波を試験物中に
伝搬させその超音波の反射の受信状態により試験物中の状態
を測定する探傷方法

@探触子から超音波を発振

A測定物内を超音波が伝搬

B内部に空洞や異物が有った場合にそこから超音波が反射

C空洞や異物が無い場合には反対側の面で反射

D反射してきた超音波を受信し、かかった時間を横軸に返ってきた
超音波の強さを縦軸にして表示